筋トレ歴1年男のトレ日記

日々の筋トレ内容や気づきをメモってます!

睡眠の質を高め短時間で十分に回復する方法のための必要な条件

 色々調べて勉強してみた結果の条件。

 寝具関係は自由でいいと思う。

 

お腹の中を軽くしておく

個人的にコレが最重要です。

睡眠の質の50%以上はコレなんじゃないかってくらい個人的にはデカイですね。

 

睡眠の目的はなんだ?って考えた時、睡眠欲求を満たすものじゃあオカシイですよね。

眠たいから寝る じゃなくて、なぜ眠たくなるのか、睡眠を必要とするのか?を考えると、

  • 精神
  • 肉体

を回復させるためと分かります。

研究者じゃないので実際のところは知りませんが、自覚としては誰しもあるかと。

 

これらを回復させるための行動が睡眠なので、それをしやすい状況を用意する=睡眠の質が高まると思うので、お腹の中を軽くして、内臓も睡眠時にゆったりと休むことができるようにしてあげるのは大事だと考えます。

 

実際、内臓が疲れてる時って短い睡眠時間だと起きるのがツラすぎる。

体も重いし、頭もボーっとしてます。

 

自分の場合、胃腸が丈夫じゃないのでより違いを顕著に感じます!

 

ストレッチで筋肉をほぐし疲労をなるべく減らしておく

 これはシンプルに筋肉をほぐしておくことで、睡眠時の回復の労力を減らす狙いです。

やるとやらないとでは全然違う代表格!

 

部屋を真っ暗にする

これはやらないよりやったほうがいいっていう条件。

真っ暗な方が睡眠時に脳からいいもんが出るらしいです。 笑

 

電子機器は出来るだけ近くに置かない

これもやらないよりはやったほうがいい系。

 

 

 内臓軽く&ストレッチは相当大事です。

内臓軽くしておくのは準備もあるし、時間計算しなきゃいけないので面倒ですが、

ストレッチはすぐさま取り入れられるのが強み。

 

体感的には、

ストレッチ⇒起きた時の体の軽さ、ラクさ

内臓軽い状態で寝る⇒睡眠の本来のパワーが発揮され、短い睡眠でも体は平気

って感じ。

 

少食の人がショートスリーパーだったりするのは、そういう理由があるみたいですね。

睡眠の質を高めて、睡眠時間を圧縮できれば一日が長くなるので出来ることが増えて、人生レベルで大きな違いが出るのは間違いないと思います。